人狼議事


244 【R18】ミゼリコルディアの宴【魔女村】

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


【人】 奇跡の子 カリュクス

―Venefica Misericordia―

[ペラジーにとって、捨てられ見放されることが、
どんなに恐ろしいことか。
魔女は知っていたはずなのに。

知っていて、それでも、良かれと考えていたことが、
これほどまでに彼女を傷つけてしまっている。

例えば、「わがままを言っては、だめ」
例えば、「ペラジーの幸せは、ここにはないの」
例えば、「人の子は、人の世で、生きて死になさい」 

翻意をさせようと諭す言葉は、
どうしてか音を結ばない。

ぼろぼろと零れ落ちる涙を止めることもできずに、
魔女は、ただ、途方に暮れる]

(56) ひびの 2018/06/20(Wed) 01時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[まるで、幼子に戻ってしまったかのように。
感情をぶつけてくる、
ペラジーの涙に塗れた言葉が耳朶に落ちて。

こんなにも、慕われ愛されていたことに。

紛い物でしかなかったはずの魔女が彼女にとって、
本物の母であり姉であり師であったことに。

ようやく、鈍い魔女は気づくのだ]


 本当は、貴女を叱らなければいけないのに。
 思ってもらえることが、
 嬉しくて、仕方ないだなんて。

 ……私は、だめな先生ね。 


[白い指先を愛し子へと伸ばして。そっと、涙を拭う]

(57) ひびの 2018/06/20(Wed) 01時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[ペラジーがこのまま黒い森に居続けることは、
やはり、正しいこととは思わないけれど。

”幸せを押し付けないで”
そう絞り出すように紡がれたなら。
もう、魔女は何も言えなくなってしまう]


 ここで私と暮らすことが、ペラジーの幸せだと言うのなら。
 好きになさい。
 
 ”貴女は誰の為でもなく、貴女自身の為に生きなさい”
 そう言ったのは、私だったわね。


[誰よりも何よりも。彼女の幸せを望んでいるから]

(58) ひびの 2018/06/20(Wed) 01時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[だから、こそ]


 ……もう一度だけ、聞くわ。

 魔女になってしまえば、もう、人の世には戻れない。
 忌まれ、嫌われ、恐れられて。
 最後には、ひとりぼっちになってしまうかも知れない。

 それでも貴女は、
 黒い森の魔女になりたい?


[疾うに答えの決まっている問い掛けを、
再度、口にするのだった*]

(59) ひびの 2018/06/20(Wed) 01時頃

奇跡の子 カリュクスは、メモを貼った。

ひびの 2018/06/20(Wed) 01時頃


【人】 奇跡の子 カリュクス

[考えてみれば。
こうなることは、最初から決まっていたのかも知れない。

物心付く前に両親を失い、
人の世に居場所のなかったペラジーにとって。
親とは花籠の魔女で、故郷とは黒い森なのだから。 

ならば、母として姉として師として。
愛し子が幸せになれるよう、出来る限りのことをしよう]


 今度こそ、私のすべてを貴女にあげる。
 だから精一杯生きて、幸せのうちに死になさい。

 ――――私の、かわいい子。
 

[少し、背伸びをすると。
自分よりも背が高くなってしまった彼女の頭を
優しく抱き寄せる]

(113) ひびの 2018/06/20(Wed) 23時半頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[ペラジーが心に強く訴えながら紡ぐ言葉に
魔女は驚いたように瞬く。

「貴女との優しい記憶を思い出にして
 わたしみたいな子を、わたしも育てるの」

それは親もなく、きっと、子を為すこともできない
何物にもつながることない造り物の生命でも。
遺すことが出来ると、教えてくれるものだったから]


 ……それは、素敵ね。
 
 
[ひたひたと潮のように胸を満たす、この想いはなんだろう。
分からないまま、
腕に抱いたペラジーの耳元に囁きを落とす]

(114) ひびの 2018/06/20(Wed) 23時半頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

―たんぽぽの手紙―

[冬を越えて、魔女の元へと届いた手紙。

ラッピングされた小袋の添えられた封筒を開け
手紙を一読した魔女の紅い瞳が
微笑ましいものを見たかのように和らぐ。

魔法を生業とする者たちの世界は広いようで狭い。
差出人の名前を頭の中の人名録と突き合わせ
炎の魔女の二つ名を持つ魔女が
そのような名前だったかと、思い至る。

彼女の為人はよくは知らないが
こんな形で親交を求めてくるなんて
魔女や魔法使いには、変わり者が多いけれど
どうやら、炎の魔女もその例にもれないらしい]

(126) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

親愛なるリッキー様


はじめまして。
黒い森の住人カリュクスと申します。

お手紙と素敵な贈り物を、ありがとうございます。
森の奥に閑居して、花や薬草の栽培にかまけてばかりの
世捨て人でもよろしければ、
是非、お友達になって下さいませ。

リッキー様のお弟子は
お菓子づくりがお上手なのですね。
お手紙を拝見して、
師弟仲睦まじい様子が目に浮かぶようです。

また、お手紙を頂けることを心待ちにしています。


黒い森の住人 カリュクス

(127) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[手紙を畳み、封蝋に花籠の魔女の印を捺して
お近づきの印にと、手作りのハンドバームの中から
薔薇の香りのものを選ぶと、封筒に添えて。

放浪の魔法使いのポストに投函する]

(128) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

―魔女集会にようこそ―

[ペラジーが魔女見習いになってから、しばらく後のある日。
今度は熊の魔法使いから手紙が届く。

気に掛けていた彼のその後の無事と
思いがけない誘いは嬉しいものだった]

(129) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

親愛なるガストン様

お怪我がすっかり良くなったとのお知らせに安心しました。
私の薬がお役に立ったのであれば、これほど嬉しいことはありません。

魔女集会のお誘い、ありがとうございます。
ぜひ、お伺いしたく思います。

ご存知の通り、僻地に引きこもる身であるため
養い子にひとと交流する機会を与えられず
心苦しく、かつ、頭を悩ませておりましたので、
お声掛け本当にありがたく存じます。

ガストン様のお知り合いということであれば、
安心して我が子に紹介することが出来ます。

お子様にも宜しくお伝え下さい。
お逢いできる日を、楽しみにしています

黒い森の住人 カリュクス

(130) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[今回もまた、必要になりそうな薬を見繕い
手紙に添えて返信をすると、早速弟子を呼び]


 ペラジー。
 魔女集会に参加してみるつもりはある?

 魔女集会と言っても、
 私たちを貶める為に流布されたような、
 如何わしい、サバトなんかではなくて。

 謂わば、懇親会のようなものね。

 貴女と同じような年頃の、見習いの子たちも 
 来るのだけれど、


[どうかしら? と小さく首を傾げるのだった**]

(131) ひびの 2018/06/21(Thu) 02時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[黒猫のアナベルと会話の練習をしていたペラジーが
魔女の誘いに顔を向ける。
 
友だちができるだろうか、と。
期待と、もしかしたら僅かな不安のいろ混じる問い掛けに。
魔女は紅の双眸を和らげて]


 手紙のときだって、お友達できたでしょう?
 だから、……大丈夫。
 
 どんな子が来るのか、今から楽しみね。
 

[ペラジーが熊の魔法使いの子や、
魔女集会の会場となる、湖畔の城の魔法使いの子と
疾うに、文通友だちになっていることは知らない]

(155) ひびの 2018/06/21(Thu) 23時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[「荷物持ちでもなんでも」
そう意気込むペラジーに小さく首を振り]

 貴女たちのお披露目も、
 今回の魔女集会の目的のひとつなの。

 だから、荷物持ちはしてもらうけれど、
 ちゃんと、おめかしもしましょうね。 

[用事を終えてしまうと。
ペラジーの会話練習の相手をしていた
黒猫のアナベルの頭を撫でながら]

 この子たちとお話ができるようになったら、
 ペラジーにも使い魔をつけましょうか。

[――どんな子が欲しいか、考えておいて
頑張れば、ご褒美のあることを付け加える*]

(159) ひびの 2018/06/21(Thu) 23時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

―そして、魔女集会へ―

[吸血鬼の館へと、ふたりの魔女を乗せて箒が飛ぶ。

いつものようにロバを牽いて歩いたなら、
何週間も掛かる道程を、魔女の箒は一飛びで越えて。
大きな門の前へとやってくる。

箒から降りると、さっとローブを直し、
風で乱れたペラジーの髪を手櫛で梳いて。
身だしなみを整え終わると、
タイミングを見計らったかのように。
キィ、と小さな音を鳴らして、門が開いた]


 ……余所の魔法使いに逢うなんて、
 何時以来かしら。
 

[傍らのペラジーを振り返ると、昔を懐かしむように呟いた]

(169) ひびの 2018/06/22(Fri) 00時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[黒い森の魔女たちが訪れたとき、
既にお茶会が始まっていた。>>165

甲斐甲斐しく給仕をする、
メイド姿の娘との会話から察するに。
ネイビーのジャケットの知的な見掛けの男性が
湖畔の館の主、レオナルド二世卿らしい]

(170) ひびの 2018/06/22(Fri) 00時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[今回、誘ってくれた知人はいるかと、頭を巡らせる。

大きな身体の熊の魔法使いに、親しげに会釈を向けて。
それから炎の魔女を探すが
果たして知遇を得ることは出来ただろうか?
とまれ、一同の前に進み出て]

 
 私は黒い森の住人カリュクス。
 こちらは教え子のペラジーです。

 この度は集いへのお誘い、ありがとうございます。
 弟子ともども、どうぞ、よしなにお願い致します。  

 
[ローブ姿なので、カーテシーはせず。
深々とお辞儀をするにとどめる**]

(171) ひびの 2018/06/22(Fri) 00時頃

奇跡の子 カリュクスは、メモを貼った。

ひびの 2018/06/22(Fri) 00時頃


【人】 奇跡の子 カリュクス

[少人数とは言え、知らぬ相手ばかりに囲まれて。
ペラジーは随分と緊張しているようだ。
挨拶もそこそこに、こっそりと袖を握ってくるものだから]


 ……今日は、随分と甘えたさんね。

 お友だちを作るのでしょう?
 なら、それではだめよ。 

 
[彼女にだけ聞こえるように囁やき、励まそうとしていると、
不意にメイド姿の娘が寄ってきて、
ペラジーの両手を取り、自分の名を告げれば。

最初は急な来訪者に
きょとんとしていた黒い瞳にも、
やがて理解のいろが灯る]

(219) ひびの 2018/06/22(Fri) 23時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[わあ、と、はしゃぐペラジーに
彼女のことを紹介なさい、と視線を向ける間もなく。
メイドの娘――メルヤに挨拶をされた]


 黒い森の住人、カリュクスです。

 この間は贈り物をありがとう。
 とても、美味しかったわ。

 これからも、ペラジーと仲良くしてあげてくださいね。
   

[ペラジーの友人に、微笑を湛えた紅の瞳を向けると。
邪魔にならないよう、少しばかり離れて。

ふたりが楽しそうに言葉を交わし、
こっそりと、何事かを耳打ちして笑ったりするのを
魔女は嬉しそうに眺めている]

(220) ひびの 2018/06/22(Fri) 23時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[弟子を見守る魔女の今日の出で立ちは、
白いローブに
襟と裾に花柄のレースをあしらったワンピース。

お揃いの服装と、何より見掛けの姿も相俟って。
黒い森のふたりは師弟というよりも
姉妹のように見えるだろう*]

(221) ひびの 2018/06/22(Fri) 23時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

―数年後―

[白詰草の花冠で飾られた娘たちを紅い瞳に映して。 
いつしか、魔女の唇が綻んでいく。

慎ましげに咲く花のような微笑みに
魔女自身は未だ、気付いていないから]

 
 ……ふたりとも、どうしたの?


[ペラジーとショコラ。
驚く娘たちを前に、不思議そうに首を傾げるのだ。

こうして本物になった紛い物の魔女は。
大切な家族と共に、平穏と幸せを傍らに。
黒い森に今も、棲んでいる**]

(355) ひびの 2018/06/23(Sat) 23時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点: 人


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:カリュクス 解除する

生存者
(12人 0促)

カリュクス
21回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.164 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi