人狼議事


244 【R18】ミゼリコルディアの宴【魔女村】

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


【人】 掃除夫 ラルフ

[ ぐすぐす、ヒックヒック。
  だって一番大切で大好きな魔女なのだから
  その魔女の一言一句で喜んだり不安になったり
  ため息ひとつでビクリと肩を震わせて>>1:365
  でも、デートに行くと言われたから。  ]


 はい……、はい、うっ……。

(4) 2018/06/15(Fri) 23時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 一生懸命涙をこらえて、すう、はあ、深呼吸。

  デートが男女のものだって理解はしているけれど
  魔女とのお出かけが何よりの楽しみで
  ただのお出かけよりもデート、の方が
  より魔女と近づけてドキドキしたりして

  そんな自分は、やっぱり男の心なのか。
  体は絶対的に女性のものなのに。
  女性として生きて、
  男性とデートしたい魔女だから>>364

  ……本当は一緒にいたいなら
  やっぱり男じゃなくちゃならないのか、
  なんて。  ]

(6) 2018/06/15(Fri) 23時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 魔女の悩み>>1:363も知らない自分には
  そんな事しないで、とも言えるはずもなく
  残されるとか残してしまうだとか
  まだまだ遠い未来のように思えていて


  ああ、でも、それでも。
  いつか、自分の方が年をとって
  シワクチャになってしまって。


  古いオモチャは捨てられるのかなあ……?
  そんな悲しい想像を巡らせることもあって
  一人、密やかに涙する夜もあるのだから。


  嫌われるのも、捨てられるのも、怖くて。
  それよりも残酷な結末はあるのだろうか。
  でも、今は目の前の幸せを。  ]

(7) 2018/06/15(Fri) 23時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

   …男とか、女とか、分かんないです。
   わかりたくない、かな…。


[ それは身体ばかり大人になって
  気持ちがついていけない子供の言葉。
  それには昔々見てしまった
  巫女入りの儀も関係している。

  自分の友人だった少女。
  どうしてもわたしたいものがあって
  神殿にひっそりと入り込んだなら

  裸で、神官たちに何か奇妙なもので
  貫かれて泣いて苦しんでいたのだ。
  神官たちに生えていたアレは、

  ……その時の彼らの横顔は。  ]

(9) 2018/06/15(Fri) 23時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

    ………デート、行きましょう?


[ でもそれらを思い出しそうになって
  そんなの嫌だと笑顔で塗りつぶして
  目の前の幸せに手を伸ばして、指先を絡める。
  涙を拭いて引き寄せて
  いつも通りの二人で街に向かうのだ。

  今日は何かと、買い出しをしなくてはならない。
  そんないつもの買い物になるはずだった。  ]*

(11) 2018/06/15(Fri) 23時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ そして、街中にて。 ]


[ 魔女と訪れているからか、
  話しかけてくる同年代は少なくなっていた。
  魔女と手を繋いでいれば自然と笑みも深くなって
  手をつなげは自然と距離も近くなって

  生活に必要なものや食料品を探して
  重い物を持つのは自分の役目。
  子供ならともかく彼女より背が高くなった今は
  自分がやるべきだと信じている。  ]

(12) 2018/06/15(Fri) 23時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

   フローラ様、次はどこに行きましょう?


[ 声も自然と弾んでそんな事を訪ねた矢先。
  一人の少女に声をかけられた。
  自分と同じ年頃で、そう言えば以前
  スカーフを貸したことがあったような。  ]


『こんにちは、ラルフさん。
 この間は有難うございました。
  スカーフ、お返ししますね!』


   ……あ、有難う?
   別に良かったのに。

(13) 2018/06/15(Fri) 23時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 笑顔で受け取ると、少女はチラチラと
  自分と魔女とを見比べて。
  その、あの、と言いにくそうに、
  それでも真っ赤な顔をして尋ねてきていた。

  その女の人とは、どういう関係なのかと。

  パチリ、大きく目を見開いて瞬かせて。  ]


   ……えっと。
   フローラ様、は………………。


[ 答えに窮して振り返る。
  おもちゃと持ち主、なんて口が裂けても。
  恋人?恋人に様なんてつけないだろう。
  主人と従者が一番近いのか。
  どちらにしても困った時は魔女頼りの癖は
  まだまだ抜けてはいない。

(14) 2018/06/15(Fri) 23時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

  それでも自然と魔女を背にかばうようにして
  少女に相対してしまったものだから

  少しばかり、少女は
  傷ついた顔をしていたかもしれない。  ]*

(15) 2018/06/15(Fri) 23時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 従者と言われればホッとしたような
  少しだけ寂しかったような。>>54
  スカーフを貸したのはある雨の日。
  濡れて難儀していたから使ってくださいと
  渡した事があっただけ。


  けれど。
  そのまま魔女と一緒に行こうと思っていたのに
  ちょうど良い、だなんて>>55
  女物の服なんて興味ないから、だなんて


  え、と小さく声が漏れた。  ]

(98) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

   フローラ様。


[ ひらりと桃色の裾を揺らして
  立ち去ろうとする背中が見えた。
  思い荷物を持って、とかそうじゃなくて
  その背中が離れていくのが悲しくて

  呆然と固まってしまっていたら
  くい、と手を引かれた。
  お言葉に甘えて、行きましょう?だなんて
  そんな誘いなんかより
  離れていくその背中を追いかけたかったのに
  そうできなかったのは。  ]

(99) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【人】 掃除夫 ラルフ

      ( …僕から 離れたかったのかな。 )


[ 自分のことがもう要らなくなったけれど
  本当は優しい魔女だから
  せめて誰かと仲良くなってから
  生きていけるように棄てる準備を?

  そんな事を思いついてしまって
  娘に誘われるままついて行った先
  どんな風に話しかけられて答えていたのか
  それも全て曖昧だった。
  紅茶の香りも味も全然わからない。
  やっぱり、女の子の格好をした方が
  よかったのかなって。
  そう思いながらやっぱり全てが曖昧なまま
  紅茶を一口、二口。

  どれ位、魔女と離れていたんだろう。 ]*

(100) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ ふと違和を感じた。
  肌がざわめいて、ぞくぞくと震えが走るのに
  頬が熱くなって頭がクラクラして。


  そっと熱い頬に手を伸ばされて
  にこやかに微笑まれた。
  そうして紡がれた言葉は。


  Wあの魔女>>1:363から助けてあげるW  ]

(-13) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ 驚いて目を見開けば顔が近づいてきて
  驚いて突き飛ばしてしまった。
  嫌だ、とそのまま逃げ出そうとしたのに
  足がもつれて倒れ込んでしまう。

  何を嫌がる必要があるの?
  魔女の従者だったとしても
  きっと、聖ナルチーゾは許してくださる。
  私と結ばれ信徒になったなら、なんて
  そんなこと、
  そんな事を望んではいないのに!  ]

(-14) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

   や、やだ、やめて……!


[ 悲鳴めいた声は、普段より高くて。
  その子は少し怪訝な顔をしていた。
  何を飲まされたのだろう、頭がグラグラして
  クスクス笑い声が酷くうるさく聞こえて。


  体がうまく動かなくなって
  だと言うのに肌だけはやけに敏感で
  何か、体を触られて、着ているものを…。

  その動きが止まって。  ]

(-15) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ なんて事! あなたの方が魔女だったなんて!

  性を偽り乙女を惑わし
  堕落させようとしたんだわ!
  この刻印が何よりの……!

  そんな言葉が遠くに聞こえて。
  自分は意識が夢か現か、
  混濁した世界の中で揺蕩うようだった。
  ただ、1つだけ。  ]


   フローラ…………………、


[ フローラ様、にげて。
  あなたの無事だけを、祈ってた。  **]

(-16) 2018/06/16(Sat) 16時半頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ 味も香りも感じられないまま
  紅茶を口にしたのは街娘の家。
  けれど魔女だと自分を断じた娘は
  人手を呼んで、男たちを呼んで。  ]


   や、だ………!
   触らない………ん、………っ!!


[ 朦朧としながらも、肌を晒してる感覚に
  嫌だと抵抗して見せても弱いもの。
  触られてざわつく肌に声を噛み殺しても
  Wほら、堕落に誘う魔女そのものだWと
  男たちに腕を掴まれ、乱暴に外へ。


  連れていかれた先は街の小さな祈りの場。
  神官のいる裁きの場。  ]

(-19) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ 布を巻いているとは言え
  普段は晒さない肩も背の一部も
  晒されたままその場に放り出された。
  街中から少し外れたその場所で
  男たちに両腕を掴まれて
  神官に首を垂れる姿勢を強制されても
  頭はグラグラ、立ち上がることもできなかった。

  神官は言う。
  まさにこの者こそ魔女そのものだと。
  男たちも言う。
  かつて性を偽る魔女が村を焼いたと言う。
  そんな不埒者は直ぐに火炙りにすべきだと。

  違う、そう言いたくても思い浮かぶのは
  自分の主人、フローラのこと。
  男とか、女とか、別に良いじゃないか。
 
  でも、性を違える事が罪なのならば
  何故両親は、自分のことを?  ]

(-20) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ そんな中、神官が口にした。

  もしこの魔女が巫女入りの儀を
  受け入れる資格があるならば
  まだ、救いはあるかもしれないと。  ]


   ………ッ、や、やだ…………ッ!!

(-21) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ かつての光景を思い出す。
  思わず悲鳴めいた声を上げて腕に力を込めた。
  それでも体がおかしくて、力が入らなくて
  嫌々と駄々を捏ねているよう。

  そんな中、神官に男たちは言う。
  なんと慈悲溢れる神官だろうと。
  流石だ、と言いながらも自分の腕をひねり上げて
  後ろ手に縄をかけて祈りの場の奥へ。

  連れて行こうとしたその光景が
  若しかしたらあなたに
  見られていたかもしれない。>>110

  自分の名前を呼ぶ声。
  その名前を呼びかけて。

(-22) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

  仲間か?
  そんな声が聞こえたものだから。


  薄く開いてその名前を紡ぎかけた唇は
  閉ざされて、何の音も紡がぬまま。
  力なく項垂れる。

  ぽたり、一筋の涙がこぼれた。  ]

(-23) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【秘】 掃除夫 ラルフ → ビール配り フローラ

[ 今の自分が彼女の名を呼んだら
  絶対に巻き込んでしまう。
  だから、だから。
  フローラ様と自分は無関係なんだって


  だから魔女の疑いをかけられるのは
  自分だけで良いんだからと
  あなたと僕は、


  関係ないんだ、魔女は僕だけ。  ]

(-24) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ ポタリ、涙がひとしずく地面に落ちる。


  本当はやめたくなんてないんだ、
  あなたと僕の関係を。だけど。


  1つ消えた、あなたとの繋がり。>>1:89
  繋がりが消えたなら、
  オモチャはもう、すぐに棄てられて
  あなたはどこかに行ってしまうんでしょうか。


  それが、嬉しいような悲しいような、
  仕方がないと諦めるような。  **]

(120) 2018/06/16(Sat) 19時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 魔女が自分の名前を呼ぶ。>>159
  それがとてもとてもとてもとても
  嬉しいのに顔を上げられなかった。


  顔を上げて返事をしていたなら
  この道筋は変えられた?
  頬に感じたのは熱の気配。
  それと同時に聞こえた醜い悲鳴。>>161
  ぼんやりと動かしにくい体では
  のろのろと顔を傾けてそちら見るくらいしか
  できはしなかったけど。 ]

(182) 2018/06/17(Sun) 00時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 見覚えのある紫の炎が踊る。
  視線を巡らせれば紫に髪染めた主人のすがた。
  男たちは悲鳴をあげて逃げ惑い
  その拍子に突き飛ばされて
  自分の体は地にドウと倒れこむ。
  神官も悲鳴をあげて奥へと逃げ込んだが
  彼女の炎から逃げられるはずもない。  ]


   …ふろーら、さま…


[ ああ、せっかく、あなたを巻き込まないように
  契約を解いた事が仇になった。
  あなたに人を殺させてしまったと
  そんな後悔が少し。

(183) 2018/06/17(Sun) 00時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

  ぜ、は、と荒く呼吸を繰り返しながら
  倒れ込んだ体を必死で起こそうとする。
  助けてくれたその事が嬉しくて、
  感謝の気持ちがとてもたくさん。


  でも、それよりも、なによりも。  ]


   ぼく、……まだ、
   貴方のオモチャで、良いの?


[ 結局地面に伏して起き上がれないまま
  涙に濡れた顔はそれでも嬉しさに
  笑顔を作り出してしまうけど。

  それ以上。怖くて貴方に確認できなかった
  その言葉を紡ぎ出す。  ]

(184) 2018/06/17(Sun) 00時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

   フローラさま、お願い。
   ずっと一緒にいて下さい……。
   僕は無知で役立たずでまだまだ子供で
   男とも女ともどう生きようか、わかんない

   でも、お願い、棄てないで……。


[ ぼろ、大粒の涙がこぼれ落ちた。
  ぼろぼろ、後から後から止め処なく。  ]

(185) 2018/06/17(Sun) 00時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

   ……フローラさまと一緒にいるだけで
   幸せで、嬉しくて、だから、

   ……そばに、いさせて、ください……。


[ 貴方と過ごした日々、幸せだった。
  貴方とともにいられるならそれだけで。

  お願いだから私から幸せを奪わないでください。
  私は貴方より先に老いて死ぬでしょう。

  でも、出来るなら。
  まだもう少しだけと、願いを込めて。  ]*

(186) 2018/06/17(Sun) 00時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ 男たちの悲鳴は至極当然のもの。
  たとえ自分が魔女であったとしても
  こんな酷い扱われ方をされる理由にはならない。

  そんなふうに考えてしまう自分はもう
  ナルチーゾの信徒からは程遠い。
  ナルチーゾの信徒であるよりも
  救ってくれない神様よりも
  救ってくれた優しい魔女の方が余程

  ……自分にとっては大切だった。

  紫に染まる瞳も髪も美しい色。
  紫の灯火の中で暮らした自分には
  とても落ち着く色合いだった。
  だってそれは、貴女の色。  ]

(270) 2018/06/17(Sun) 21時頃

【人】 掃除夫 ラルフ

[ けれど、その色は消えていって>>189
  自分の涙で滲む視界の中、視線を伏せられて
  ダメなのかな、そう思って悲しくなった。


  けれど、魔女が変なことを言うから。
  ぱち、と目を瞬かせた後に顔を綻ばせた。
  そんな訳、ないじゃないって。
  怖くなんかあるはずない。  ]


   怖くなんか、無いですよ。
   どうして、僕を助けてくれた貴女を
   怖いと思えるんでしょう。

   それよりも自分の思い込みで
   肌を暴いたり巫女入りの儀と言いながら
   その欲望を押し付けてくる彼らの方が、

   ……………ウッ。

(271) 2018/06/17(Sun) 21時頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

注目:ラルフ 解除する

生存者
(12人 0促)

ラルフ
36回 注目

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.156 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi