人狼議事


244 【R18】ミゼリコルディアの宴【魔女村】

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


この村にも恐るべき“人狼”の噂が流れてきた。ひそかに人間と入れ替わり、夜になると人間を襲うという魔物。不安に駆られた村人たちは、集会所へと集まるのだった……。


【人】 かみさま パルック

ちゃんとご注文通り、さまざまな人たちをお呼びしましたよ。
いたるところから…そう、地平の果てや、宇宙の彼方からも。

中には、主様を消してくださるような方もいらっしゃるかもしれません。

(0) 2018/06/10(Sun) 13時半頃

村の設定が変更されました。


天のお告げ (村建て人)



──── その出会いは「憐れ」か「慈悲」か。

          叉は……。


              知るは各人のみ。
 

(#0) 2018/06/10(Sun) 14時頃


露店巡り シーシャが参加しました。


【人】 露店巡り シーシャ


──── さて、奴さん達はどうしてんだろうな。


[各地を放浪とし、シーシャはお節介でもあった。

馴染んだ魔女や魔法使いはどう暮らしているだろう。

シーシャは独りで放浪とするのが好きだ。
一つの場所に居に構えがちな同族…或いは同胞と呼んで差し支えない相手の宅配などを請け負うことはよくある。

今日もふらりと名も知れぬ町へと足を踏み入れては空を仰いだ]**

(1) 2018/06/10(Sun) 14時頃

天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2018/06/10(Sun) 14時頃


露店巡り シーシャは、メモを貼った。

2018/06/10(Sun) 14時頃


天のお告げ (村建て人)

/*
入村解禁は18時となっております。
それまで暫くお待ちくださいませ。

(#1) 2018/06/10(Sun) 14時頃


奇跡の子 カリュクスが参加しました。


奇跡の子 カリュクスがいたような気がしたが、気のせいだったようだ……(奇跡の子 カリュクスは村を出ました)


奇跡の子 カリュクスが参加しました。


【人】 奇跡の子 カリュクス

―Intro:黒い森の物語―

[その昔、人々は黒い森の恵みを受けて、豊かに暮らしていました。
けれど噂を聞きつけて、遠くの国からやってきた悪い魔女が黒い森に棲みつくと、人々の暮らしは一転して、貧しいものとなりました。

何故なら、魔女は森の恵みを独り占めにしようと考えて。僕にした森の獣たちをけしかけて、誰も森に入れないようにしたからです。

[森の恵みを分かち合うよう、人々は魔女にお願いをしました。
けれど魔女は願いに耳を傾けるどころか怒り狂い、誰も自分に逆らえないようにと、疫病や天災を起こして人々に力を見せつける始末]

(2) 2018/06/10(Sun) 18時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[散々に苦しめられる人々を見るに見かねて。ひとりの勇気ある少女が魔女に提案します。

「あなたさまのお怒りは分かりました。ならば私の命と引き換えで構いません。どうか、みんなを赦してはいただけないでしょうか」

そんな真摯な願いに魔女が何を思ったのかなんて誰にも分かりませんが、少女が森に消えたその日。災いも消えてなくなったのです]

(3) 2018/06/10(Sun) 18時頃

【人】 奇跡の子 カリュクス

[それからというもの、人々は魔女を恐れ逆らおうとはしなくなったので、黒い森はすっかり魔女のものとなってしまいました。

そして、もう誰も。魔女の棲む森の深くには決して入ろうとはしないのです*]

(4) 2018/06/10(Sun) 18時頃

奇跡の子 カリュクスは、メモを貼った。

2018/06/10(Sun) 18時頃


花売り メアリーが参加しました。


【人】 花売り メアリー


[ てくてく、木々の生い茂る中を歩く。

木漏れ日がまばらに土を、雑草を、
明るく照らして綺麗な絵を描いてる。
その道無き道を真っ直ぐに進む靴は一番のお気に入り。

この森の景色を見るのは、はじめて。
知らない場所だった。

時折顔を上げて、丸い瞳に深緑を映して、
また視線を地面に戻す。
それを何度か繰り返しながら歩いていると
暫く振りに自然のもの以外の音を耳が拾った。]
 

(5) 2018/06/10(Sun) 19時頃

【人】 花売り メアリー




   ───…こんにちは。


[ひと。
こんなところに、私以外の人がいた。

街から沢山歩いた気がしていたけど、
私が歩けるくらいだからそんなに離れてないのかも。

目が合ったのに何も言わないのも気拙いかと
浮かんだ挨拶をそのまま口にして、
止めてしまった足を再び進めるタイミングも掴めず
そのひとを眺めたままに、背の後ろで指先を絡めた。]*
 

(6) 2018/06/10(Sun) 19時頃

花売り メアリーは、メモを貼った。

2018/06/10(Sun) 19時頃


【独】 花売り メアリー

/*
議事!議事だ!ひさしぶり!議事!!
ひさしぶりだね!!!!

(-0) 2018/06/10(Sun) 19時頃

【独】 花売り メアリー

/*
入村自体ひさしぶりだけど、
それ以上に議事国に舞い上がってる!!!
えっ、議事だ!わーーーーーーい!?!!?

(-1) 2018/06/10(Sun) 19時頃

【独】 花売り メアリー

/*
IDかふぇおれにして入ろうとしたら、パスワードが違いますって言われちゃったけどもう覚えてないです。あれ、これもう一生かふぇおれで議事国入れないやつ???
かなしみ…

カフェオレとかカフェ・オ・レとか珈琲牛乳とか、第二・第三の私が増えていくパターン…

(-2) 2018/06/10(Sun) 19時頃

流浪者 ペラジーが参加しました。


【人】 流浪者 ペラジー


[ ────…幾許の刻が過ぎたかすらも わからずに。

 ”どうして
      わたしなの────?”

  
 その声はきっと誰にも届かずに
           涙すら零れずに。]

(7) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

─duction:黒い森─

[ドレスのような長裾の白いワンピースは泥に塗れ血で汚れていた。
わたしは構うこともなく、走った。

この森に棲む動植物は魔女≠フ手先だと教え込まれている。
本来なら、その身を捧げるのがわたしが役目だと、わたしが生きる意味だと教えられて生きてきたのに。

───獰猛に襲い掛かる鹿を見かけて、ただ走った。

心臓が痛みを訴える。息が苦しい。

森の出口を求めても帰る場所など無いと知っているから、知らずに村とは別のほうと向かってしまっていたようだ。]

(8) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

【人】 流浪者 ペラジー

[森近くでここ数年日照りが続いた。
麦すら枯れ、干魃が続き───…ついには備蓄していた食糧に手を出した時に、わたしの運命は決まった。

だのに森の木々は青々と生い茂り梢を鳴らす。
野生の動物に追い掛けられ──追い詰められ
苦しい胸をおさえながらも、どうして走るのか。


      万一の際に魔女への供物として育てられた。


覚悟は出来ていた筈なのに。
  脆弱なからだを持て余しているのに。

わたしは…こんなときになってようやくきづくんだ。]

(9) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

【人】 流浪者 ペラジー


[────”死にたく無い”<あいされたかった。>]**

(10) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

逃亡者 メルヤが参加しました。


【人】 逃亡者 メルヤ

[ーーーーまた、夢を見ている。
 ハハオヤに捨てられて夜の森を彷徨ううち、出逢った銀色の雌狼。10歳からの三年、"彼女"と共に過ごした。人間に捨てられ、獣に育てられ。
 ハハオヤより、獣の彼女の方がまだしも母性があった。ある時、彼女が留守の時、群れの狼に襲われ……彼女が戻り群れを追い払う時には瀕死の重症だった。

 唯一動く手を、彼女に伸ばす]

母さん、お願いだから、私を食べて。私は母さんの中で生きていきたいから。

[彼女が血塗れの首筋に顔を近づける。目を閉じた刹那。彼女の気配が遠退き、失われる意識の中、霞む目に背の高い男性が映った]

(11) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

【人】 逃亡者 メルヤ

[次に目覚めた時には、知らないのベッドの上]

痛っ

[痛みに意識が回復する。ベッドの隣の椅子に座る誰かが何かを呟いて、意識が再び闇に落ちた]

(12) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

【人】 逃亡者 メルヤ

[あれから、五年。
 朝の光、鳥の声。あの時目覚めた部屋をベッドを与えられ、住まう事になるなんて、考えてもいなかった]

起きなきゃ。

[今日は特別な日。18の誕生日を迎える。この国では18が成人の年齢だ。

 台所のかまどでパンを焼いて、家主の目覚めを待つーーー**]

(13) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

掃除夫 ラルフが参加しました。


【人】 掃除夫 ラルフ

[ 森の中にある大きな泉を讃えた国、
  聖ナルジス王国。


  太陽と泉と星を敬い神を崇めるその国は
  森の中に王都を築き宗教を基盤として
  その勢力を保ち続けていた。


  そんな王都の一角から、一つ小さな影。
  闇に紛れ、抜け出す姿があった。


  王国の塀を越え、森の奥へ、奥へ。
  それはこの国の裏側を知ってしまったから。
  それを良しとしない両親が逃がしてくれたから。

  …走ることはできない。
  後ろを振り返り振り返り、
  涙ながらに家族を思う。 ]

(14) 2018/06/10(Sun) 19時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(12人 0促)

カリュクス
21回 注目
メアリー
17回 注目
メルヤ
31回 注目
ラルフ
36回 注目
ドリベル
30回 注目
ガストン
22回 注目
リッキィ
46回 注目
ペラジー
29回 注目
フローラ
34回 注目
レオナルド
42回 注目
ピスティオ
21回 注目
フェルゼ
30回 注目

犠牲者 (1人)

パルック
0回 (2d)

処刑者 (1人)

シーシャ
0回 (3d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.132 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi