人狼議事


252 Aの落日

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:

全て表示


運命は独尊隊 ツヅラの役職希望を村人に決めた。


きみは自らの正体を知った。さあ、村人なら敵である人狼を退治しよう。人狼なら……狡猾に振る舞って人間たちを確実に仕留めていくのだ。


どうやらこの中には、村人が11人、人狼が1人いるようだ。


【人】 少女 A

その調子よ…《人狼》。頼んだ通り、お願い…
そして…最後に…呪いを…かける…

痙攣しながらも黒板まで這いずると、傷からあふれる血を塗り付け、文字を綴る。

これで、私の番は、おわり。
次は、…オマエダ…!

(0) 2018/10/15(Mon) 00時頃

は時が進むよう祈った。


天のお告げ (村建て人)

──文化祭当日──

その日も、空は晴れ渡っていた。
生徒たちの浮足立った声が校舎を満たしている。

装飾の施された校門、立ち並ぶ屋台。
あちこちで呼び込みの声が響き、
いつもと異なる装い、音、香り。

年に一度。一生に三度きりのお祭り。
空高く昇った太陽が、誰にも等しく光を注ぐ。
 

(#0) 2018/10/15(Mon) 00時頃


天のお告げ (村建て人)


絡陽高校、平成最後の文化祭が始まる。
 

(#1) 2018/10/15(Mon) 00時頃


【人】 三等兵 ロバート


時を同じくして、ふらりと校内を彷徨う影。
食べ物の香りにつられたかのように、
すんすんと鼻を動かしながら、四足歩行の獣が一匹。*
 

(1) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【独】 独尊隊 ツヅラ

/*
村人なことに安心して俺は寝る

(-0) 2018/10/15(Mon) 00時頃

天のお告げ (村建て人)は、メモを貼った。

2018/10/15(Mon) 00時頃


【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 赤い、赤い、指の先。]
 

(2) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ こんな日くらいいいじゃない。と、
 私の手を取ったのは、昨夜の姉であった。

 ネイリストを生業とする姉により、
 日頃から丁寧に磨かれた桜色に、
 上塗りされてゆく、深く、濃い、赤色。

 季節感、と姉が言ったわりに、
 その日は残暑を感じるほどの快晴であったが、
 派手だと思ったその色に、然程違和感はなかった。

 はみ出しも塗り残しもなく、
 つるりとした光沢に覆われた深い赤。
 その様を見守っていた妹が言う。]
 

(3) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


 「 魔女みたい 」
 

(4) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ

──現在/3年A組──

[ ぱらぱらと、台本を捲っていた。

 最後に確認することなぞないが、
 もとより舞台には立つことのない身。

 衣装を合わせたり、メイクをしたりと、
 忙しそうな役者たちと異なり、

 機材や段取りの最終確認をしたりと、
 忙しそうな裏方の担当者と異なり、

 仕事を終えた身として、
 過去の自分が綴った文字列を眺める。]
 

(5) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 役者陣のセリフの確認などを多少手伝い、
 すぐに戻ると言って、教室を抜け出した。

 足を向けたのは、当然のように部室であり、
 昨日かけた鍵を、また自分の手で開く。]
 

(6) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


           『 高校生白書 』
 

(7) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ

──現在/文芸部室──

[ そう印字されただけの白い表紙。
 お粗末な装丁、素人製本のその冊子は、
 ほんの十冊ばかり、机の上に積まれている。

 先日のインタビューでは、
 今年は部誌を出さないと明言した。
 だから、例年以上に来客は少ないだろう。

 事実、部誌の名を冠することのないそれは、
 同じく、作者の名をどこかに記すこともなく。

 昨日出ていった際と同じ様子の室内。
 それを確認し、ぱらぱらとその頁を捲る。]
 

(8) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 高校生白書。と題されたそれは、
 短編集の形を取ったごく短い群像劇。

 章毎に存在する主人公の持つ、
 各々の思惑が、思いがけぬ形で交錯し、
 登場人物の知らぬ内に、収束へ向かう。

 ──のではなく、
 銘々のささやかな利己心が、
 諦念が、嫉妬が、驕りが、……悪意が、
 登場人物の知らぬ内に交錯し、
 ドミノ倒しのように、彼らの足元を崩していく。

 ただ、少しずつ、少しずつ、
 絡めとられ、呼吸を奪われていく者の、
 ほんのささやかな悪意にまつわる物語。]
 

(9) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 群像劇において、
 物語の全貌を把握できるのは、
 基本的に、作者と読者のみとなり、
 それを人々は、神の視点と呼んだ。]
 

(10) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ A、B、Cと振り分けられた、
 投げやりな識別記号を持つ登場人物。

 巻末に、ほんの小さな文字で記された一文。
 『取材へのご協力、誠にありがとうございました』
 それは、即ちこの部屋の持つ意義であり、

 名さえ明かされず、その背景こそ、
 悪意を以て装飾、脚色されているものの、
 見るものが──、当人が、当事者が読めば分かる。
 当人、或いは当事者だけが、きっと分かる。]
 

(11) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 恋と友情の板挟みに酔う女も、
 万引き行為に中毒めいた執着を持つ男も、
 部活の顧問からのセクハラに悩む部員も、
 それを受け入れ、レギュラーの座についた部員も、
 教員への盲目的な恋に傾倒する生徒も、
 誰にでもヤらせてくれるらしい少女Aも、

 私の選んだ、とっておきの患者たち。
 私の欲を満たす、病気の子どもたち。
 取材へのご協力、誠にありがとうございました。]
 

(12) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ あなた達の人生なんて、私にとっては娯楽に過ぎない。]
 

(13) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ これもまた、病的な何かを脳に住まわせた、
 優等生の思い付き。御粗末な検証に過ぎない。

 この行いが、何を呼ぶのか。何も呼ばないのか。
 これを知ったとして、彼女らはどんな顔をするのか。
 ただ、赴くまま。行き着く先が、破滅だとしても。
 あと半年続く生活には、もう飽き飽きしているのだ。

 只管に、他人の日常の一片に耳を傾けるのも、
 はじめは愉快であったが、もうそれでは満たされない。

 校舎の片隅。ひっそりと、宣伝もせず、
 ただ、例年通りに装いだけはあつらえた文芸部室。
 この不愛想な冊子を、手に取る者がいるのか、否か。

 ただ、この脳の片隅に飼った悪意の赴くままに。]
 

(14) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ みんな、病気だ。当然、私も。]
 

(15) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 満足げに、巻末の一文をなぞる赤い爪。]
 

(16) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ どうして、あなた達は、そうも容易く、
 他人に自分の話をしてしまうのだろう。

 どうして、当然のように親切にしてもらえると、
 無邪気に信じてしまうのだろう。人は悪意を抱くのに。]
 

(17) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 明仄∴暁星 クロエ


[ 誰かがこの本を手に取るならば、
 その顔を拝みたいと思い、鍵をかけようとして、
 また、小さな思い付きでそれをやめた。

 代わりに、扉に張り紙をする。

 『 XX時まで不在 』

 クラスの演劇が終われば、この部屋に居座るつもりで、
 張り紙だけして、鍵のかかっていないドアを閉め、
 黒江仄日は、再びクラスメートの元へと向かう。**]
 

(18) 2018/10/15(Mon) 00時頃

明仄∴暁星 クロエは、メモを貼った。

2018/10/15(Mon) 00時頃


【人】 公安部 カガ

― 回想・黒江先輩 ―

   へえ。俺はどっちも好きだけどな。
   人が多いのも、二人きりも。

[ ひとつの答えに対して、ひとつの答えを返す。
 所詮お祭り体質、とでも言うのだろう。
 生きてて気に入らない事は多々あれど、
 本気で嫌いなものはたいして無い。
 世の中は俺にとって好きなもので溢れていたし、
 偏見や不条理や忍耐も、
 しょうがねえと笑っちまえば気にならなかった。

 促されるまま歩いて、途中の自販機でコーラを買う。>>0:801
 やがて招かれた部屋は始めてはいる部室で、
 本棚につめ込められた文芸部の文集は、
 茶色く色あせたものから真新しいものまで見てとれる。 ]

   へえ。文芸部ってこんななんだな。
   会誌もちゃんと並べてる。あ、去年のあった。

(19) 2018/10/15(Mon) 00時頃

【人】 公安部 カガ

[ 去年の部誌を勝手に取り、捲る。
 目次に並ぶのは少ないタイトルと筆者とページ数。
 その中に彼女の名前を見つけ、促されて席に座る。
 脇に挟んでいたコーラを机に置けば、
 紙コップがその横に置かれた。>>0:803
 先ほど見つけた頁に指を挟んだまま、
 再度問われた言葉>>0:804に、視線を向ける。
 知りたいならセンパイの事を教えてくれと、
 さっき、俺は言ったのにな? ]

   ……。
   

[ ちょっとした悪戯をと、口を開く。
 まず一言口にしたのは彼女が寄稿した、
 文章の第一行目だった。** ]

(20) 2018/10/15(Mon) 00時半頃

【独】 架空惑星 レン

/*
前夜祭中に振られるログ かいてたけど
これ お付き合い続行してるほうが
まどかちゃん おもしろい きがする(のーぷらん)

(-1) 2018/10/15(Mon) 00時半頃

【独】 公安部 カガ

/*
はい。赤は来ませんでした。
んー、どうしようかな。
追い詰めるだけのネタは詰めたし、
別に悪人顔してもいいんだけど。
っていうか、多分したほうがいいと思うんだけど。
わたしにできるかなー、がんばりたい気持ちはあるぞ!

(-2) 2018/10/15(Mon) 00時半頃

情報 プロローグ 1日目 2日目 エピローグ 終了 / 最新

視点:


トップページに戻る


← ↓ ■ □

フィルタ

生存者
(10人 0促)

はのん
23回 注目
ツヅラ
118回 注目
レン
82回 注目
カガ
44回 注目
ヨスガ
55回 注目
クロエ
61回 注目
ルリ
27回 注目
ミルフィ
8回 注目
タツミ
14回 注目
ロバート
0回 注目

犠牲者 (1人)

0回 (2d)

処刑者 (1人)

アオ
23回 (3d) 注目

突然死 (0人)

舞台に (0人)

村を出た人達

種別

通常
内緒
仲間
死者
舞台
背景

一括

全示
全断
反転

ツール

クリップボード

ピックアップ

>>【】
(0.148 CPUs)
SWBBS V2.00 Beta 8 あず/asbntby
あっぱれ、うっかりアイコン by 小由流
人狼議事キャラセット by りりんら
管理 sol・laななころび
下記の場所以外では、人狼議事内キャラチップ
の利用を許諾しておりません。ご了承ください。

議事総合トップ
人狼議事lobby
人狼議事morphe
人狼議事cafe
人狼議事perjury
人狼議事xebec
人狼議事crazy
人狼議事ciel

SoyBean
Sangria
@7korobi